ネイリストの資格取得

ネイリストになるルート

「ネイリスト」の資格は民間資格なので、ネイルサービスを行うにあたって資格が必ず必要ということはないのです。

 

しかし実際には「JNAネイリスト技能検定試験」と「INAネイルスペシャリスト技能検定試験」という民間団体の認定しているネイリスト検定を受け合格した人が、「ネイリスト」としての仕事をしていることになっています。

 

実情は両方とも資格を持っている方が仕事に就きやすいとされています。

 

検定試験の対策としては、まず一般的な方法はネイルスクールで学ぶことです。

 

ネイルスクールには通学コースと通信コースがありますので、自分の事情や環境によってどちらかを選択します。

 

スクールで学ぶには入学金や授業料や教材費などが必要となりますが、ネイルサロンなどで資格無しで働きながら学んでいくという方法もあります。

 

経済的には一番楽な方法ではありますが、働きながら学ぶということは思っている以上に大変ですから、意思を強く持って努力することが大切なのです。

 

またこの方法で資格取得したいと思っている場合はネイルサロンなどの「未経験者OK」の募集条件を探す必要があるでしょう。

 

ネイル技術を学び取るというのは大変ですが、接客を学ぶという点では、スクールに通うよりも学べる事が多いのではないでしょうか。

 

ネイルの本なども手に入れる事ができますので、それらを参考にして独学で学ぶという方法もあるのですが、これは最も困難な方法でしょう。

 

上記のように、実際は殆んどの人がスクールの通学か通信コースを利用して検定試験を受け、資格を取り仕事に就くというのが一般的なネイリストへのルートとなっているようです。

ネイリストになるルート関連エントリー


ネイリストになる為にはどうすればいいのか分かりやすく解説しています

Copyright (C) 2010 ネイリストになる為の資格ガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

ネイリストになるルート