ネイリストの資格取得

ネイリストの資格についての概要・種

「ネイリスト」とは検定試験に合格して初めて得られる資格です。

 

アメリカの一部の州やオーストラリアとは異なり日本では民間資格ですので、必ずしも資格が無ければ仕事に就けないといったものではないのですが、資格が採用条件に明記されていることが多く、取っていなければかなり不利といえるでしょう。

 

自宅サロンをする場合や出張するフリーネイリストでも、または派遣ネイリストにしても資格をもっていることが信頼に繋がりますから、結局は必要となるでしょう。

 

検定資格で有名なのは、日本ネイリスト協会(JNA)とインターナショナルネイルアソシエーション(INA)の2種類です。

 

前者のJNAでの合格基準は下記のようになります。

 

【1級】ネイリストとしての総合的な技術や知識がトップレベルであるという事。

 

【2級】ネイルケアとネイルアート、修復や修理のリペアやエクステンションの一種のチップ&ラップなどネイルサロンで働ける程度の技術がある事。

 

【3級】ネイルの基本を学べていて、ネイルケアの基本技術と知識をもっているという事。

 

INAで求められる合格基準は下記のようになります。

 

【AAA(上級)】技能や知識の面でトップレベルであるという事。

 

【AA(中級)】トップレベルに次ぐ技術や知識が習得されているという事。

 

【PA(初級)】技術や知識を理解しているという事。

 

【A(専修学校在籍生徒】技術や知識の基本的な理解をしているという事。

 

日本では他にもいくつかの認定団体があるのですが、有名なのは上記の2団体です。

ネイリストの資格についての概要・種関連エントリー


ネイリストになる為にはどうすればいいのか分かりやすく解説しています

Copyright (C) 2010 ネイリストになる為の資格ガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

ネイリストの資格についての概要・種